院試の参考書 (東工大・数理計算科学系)

そろそろ院試の時期です.

私が東工大・数理計算科学系を受験するために使っている参考書を紹介していこうと思います.

問題

専門基礎問題の分類はこんな感じ.

  1. 線形代数
  2. 微分積分
  3. 離散数学など

専門一般問題の分類はこんな感じ.

  1. 代数
  2. 集合・位相
  3. 解析
  4. 数理最適化
  5. 確率
  6. 統計
  7. 形式言語
  8. プログラミング全般
  9. オペレーティングシステム

私は A, B, 4. 7, 8, 9 に絞って勉強しました.

数学の参考書

新版 演習 微分積分 (寺田文行 著)

新版 演習微分積分 (新版演習数学ライブラリ)

院試における青チャートと呼ばれている演習書.

私は 編入数学徹底研究 を一通りやったあと,知識が足りていない範囲の勉強に使いました. 証明ばかりでやり応えがありますが,こなしていけば定理を使いこなせるようになります.

新版 演習 線形代数 (寺田文行 著)

演習線形代数 (新版演習数学ライブラリ)

先ほどの演習書の線形代数版です.

私は高専で実対称行列や 2 次形式を習わなかったのですが,この本はそれらも含め大学で習う線形代数のほとんどを網羅しているので,非常に助かりました. 他の演習書ではさらっと流されることの多い線形空間についても非常に問題が豊富です.

応用線形代数

私は院試が終わるまで気づかなかったのですが,より発展的な線形代数については,以下の講義資料が有用です.

H28年度 | 応用線形代数 - TOKYO TECH OCW

専門の参考書

以下は主に東工大・数理計算科学系の院試のための参考書です.

IT Text 数理最適化 (久野誉人 著)

IT Text 数理最適化

東工大の講義で使われている本です.

この本の著者が書いた,筑波大向けの講義用 PDF が web 上で公開されていますが,例が不適切であったり,演習問題の解答がついていなかったりするので,書籍の購入をおすすめします.

線形計画問題が多くの年で出題されています. ネットワーク最大流量問題が出た年もありますが・・・.

線形計画問題

あたりがホットです.

オペレーティングシステム (松尾啓志 著)

オペレーティングシステム (情報工学レクチャーシリーズ)

少し誤字等が見られますが,具体的で,かつ,よくまとまっていると思います.